笠間稲荷門前通り商店街協同組合

イベント情報や出来事、加盟店情報など配信しています。

また、日本三大稲荷の一つ、笠間稲荷神社ではお宮参りや
七五三、成人式、結婚式(和装婚礼)などのお参りが年間
を通して増えています。     ぜひお出でください。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 地域の資源を活用し、芸術の情報発信!来て・観て・歩いて楽しい町を演出 | main | 「きつねとくるみと門前通り」と茨城県商店街活性化支援事業ーその壱 >>
■『かさま狐の嫁入り』チラシ完成しました!■
かさま狐の嫁入り』チラシが完成しました!
かさま狐の嫁入りは昨年11月21日第1回目を開催しましたが、打ち合わせもままならず徹底した告知ができず、どれだけの人が来てくれるのかと不安な中での開催となりました。

が、しかし幕を開けてみると、集合場所にはたくさんの人・人・人。 スタートを切り、門前通りへと進むとその数は...

あまりの人の多さに圧倒され、参道へ入ると身動きができないほどの盛況ぶりでした。
お出でいただいいた方には感謝の気持ちでいっぱいになりました。 その状況を踏まえて、今回は早めのお知らせができるようにと当ブログを立ち上げ、数万枚のチラシを配布してできる限り多くの皆さんにお出でいただきたいと願っています。

当日は、第103回笠間の菊まつりのオープニングの日でもあります。 皆様お誘いの上、是非『かさま狐の嫁入り』へお出かけください。

■詳細■
笠間稲荷門前通り商店街では、昔から語り継がれてきた「かさま狐の嫁入り」を実施します。  
狐の嫁入り行列が幻想的な雰囲気の中提灯を下げ、稲荷神社外苑駐車場を出発し、笠間稲荷門前通りを練り歩きます。  
当日は、ご来場の皆さんにきつねメイクのサービス(無料)も行います。皆さんのお越しをお待ちしています。  

日時:10月16日 16時〜(稲荷神社外苑駐車場出発)
                ※荒天時は翌日(10/17)
場所:稲荷神社外苑駐車場→大町公園通り→常陽銀行角→門前通り商店街→ 高橋町交差点→門前通り商店街→笠間稲荷神社

お問合せ:山中写真館 TEL0296−72−0164
メールでのお問合せ yama-chu@abelia.ocn.ne.jp

※チラシデザイン 432design / Igawa
昨年狐の嫁入りはこちら





1日1回クリックのご協力をお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へにほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へにほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ
右横のバナーでもオッケーです!
スポンサーサイト
第1回目の昨年の「かさま狐の嫁入り」は、笠間稲荷神社の参道も身動きもできない程、大盛況でした。
水を差すようですが、敢えて苦言を呈したい。
1時間以上前から参道横でそのシーンを写したいとの想いで待っていましたが、見事に裏切られました。
主役の前には、主催者の注意を聞かないで広角レンズで接近して写真を撮っていた水戸のハイアマチュアカメラマンが張り付いていて、参道脇からは撮影できませんでした。
せめて神聖な参道の区間くらいは、出入りができないようにできないのでしょうか。
今年も行ってみたいと想っていますが、昨年のような結果でしたら、再度、大きな声で苦言を呈したい!!
tono | 2010/09/23 10:42
tono様コメントありがとうございます。

私、主催者:笠間稲荷門前通り商店街協同組合の理事長をしております、山中 晃と申します。

昨年はかさま狐の嫁入りにお出でいただきましてありがとうございました。

第1回目の開催は、大きな告知もしなかったにもかかわらず、大勢のお客様にお出でいただけましたこと感謝しております。と同時に、見学の皆様への配慮に欠けておりましたことを深くお詫び申し上げます。

昨年の反省点で、見学の方やカメラマンの方が新郎新婦の目の前に来て撮影されており、スムーズな進行に支障をきたしたことは確かです。
今年は見学とパレードを区分けする形で検討させていただいておりますが、一般道は困難ですので、参道から拝殿までをロープを張り規制するようになります。
しかし、撮影ができる配慮はできうる限りさせていただきます。

また、カメラマンの方には受付(山と神社前)を用意しモラルを守った行動をしていただくよう、紙に書いたものをお渡しする予定でおりますが、個人個人の考えでの行動となりますので、そこまでの介入は難しいと思われます。目立った行動をする方には、注意させていただきます。

カメラマンの中には各メディアの方も来られますので、その方たちには腕章着用をお願いしております。
私も記録写真を写す関係上、新郎新婦の前に立つこともございます。どうかご了承いただきたく存じます。

昨年、広角レンズで接近して撮影していたのは、もしかすると私かも知れません。組合の半纏を着用していました。もし私であればお許しください。
今後、注意事項などをこのブログ上に掲載していきます。

またご不便をお掛けするかも知れませんが、新郎新婦の祝福のため、よろしくお願い申し上げます。


山中 晃です。 | 2010/09/23 21:23
COMMENT